東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

スポンサーリンク


B'z30周年ライブのタイトル【HINOTORI】は新曲!しかも【LOVE PHANTOM】の続編的曲らしい!

f:id:suiren1114swing0225:20180516212440j:plain


先日、B'zのエキシビションに行ってきました。


www.tokyo-mont-blanc.com
www.tokyo-mont-blanc.com


そして後期の展示。

最後の展示物に僕は衝撃を受けました。


それは、

【HINOTORI】の直筆歌詞と楽譜!!


ことし30周年を迎えるB'zが夏に開催するライブ

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-】

そのタイトルにも含まれている【HINOTORI】が正式に楽曲として存在することが発覚したとあって、


うわあああああああああ


ってなってしまった。


しかもこの楽曲、



LOVE PHANTOM】の続編的楽曲でもあるらしい。



もういかん、失神するわまじで。オーディオガイド借りといてよかった。これからエキシビション行かれる予定の方は絶対に借りたほうがいいです。



そこで今回は、そんな新曲【HINOTORI】について得た情報を書いていきたいと思います。


オーディオガイドでのふたりの発言


オーディオガイドで松本さん、稲葉さんが話されていた内容を箇条書きでまとめてみました。


松本

・【LOVE PHANTOM】って大作だったじゃないですか。ロマンチックな曲だし、ライブの演出も印象的だった。

・何年か前から、【LOVE PHANTOM】の続編みたいなものをずーっと考えていた。

・つくるにあたって、前作の作風をどれだけ追うか、そのバランスが難しかった。


稲葉

・【LOVE PHANTOM】が男のひとの曲で、【HINOTORI】は女のひとの曲。

・【LOVE PHANTOM】の前後というつくりではない。

火の鳥、不死鳥の永遠の命をあたえるというイメージから、いったん萎んだ恋心がもういちど燃え上がって、飛翔していく、そんなイメージで作詞をした。

・またそんなイメージから、B'z30周年の飛躍のきっかけにもなるような、新たに生まれ変わる感じのイメージで作詞をした。


どんな楽曲ができるのか


LOVE PHANTOM】って1995年生まれの楽曲で、いまからもう23年前になるわけです。

逆にいえば【LOVE PHANTOM】はB'z結成7年目に生まれているわけです。

23年前、、


僕はB'zをもっとも象徴する楽曲は【LOVE PHANTOM】だと思っています。

世間一般的には【ウルトラソウル】【イチブトゼンブ】がB'zそのものといってもいいくらい有名になっているし、B'zといえば、みたいなこの2曲。


でもしかし、B'zをよく聴きこんでみると、その2曲は歌詞がちょっとかっこよすぎるというか、言いたいことがはっきりとしすぎている。


場が盛り上がって、うわあああああってなれるライブでも定番の曲だけど、B'zの本領が発揮される曲って、もっと情けなくて、しょうもなくて、つらくてしんどい、葛藤に満ちた曲なんですよね。


恋愛系でいえば男の女々しさを歌った【YOU&I】【MY SAD LOVE】、葛藤系なら【光芒】【赤い河】、稲葉ソロでいえば【絶対(的)】なんてめちゃくちゃに女々しいし情けない!!


そんな楽曲がB'zのお得意とする分野であり、メロディーが明るくてのりやすいのに歌詞はめちゃ暗いってこともよくある。そういう曲がほんとうにうまいんですよ。


そしてそんな楽曲のなかでの最高峰が

LOVE PHANTOMドーン

メロディーめちゃくちゃかっこいいのに、歌詞の世界観と男の弱いところ全開でもうたまらない。

この一見乖離しているように思えて、聴いてみるとそのメロディーと歌詞でしか成しえない完成度。それが【LOVE PHANTOM】という楽曲。


そんな神曲なわけですが、B'zのふたりはその続編に果敢に挑んでいくと。

しかも稲葉さんは歌詞の主人公に女性をそえると。

稲葉さんの歌詞に出てくる女性はだいたい強く、男の立場が弱いことが多いので、もうこれはどんな楽曲ができるのかまったくわからん。


詳しくはエキシビションに行って確かめて


僕のこんな興奮まっただなかのまとまりのない文章より、実際にエキシビションに行って、オーディオガイドも借りて、見てこいと。


歌詞は8行だけだし、楽譜も読めないけど、オーディオガイドで話してくれる松本さん稲葉さんの【HINOTORI】に対する熱量よ。


淡々と話しているけれど、名曲【LOVE PHANTOM】にあえて立ち向かって、超えていこうとするのは並み大抵の覚悟ではない。


ファンならだれでも好きな楽曲であり、松本さん自身が『大作』と公言するくらいのクオリティーの曲の続編だなんて、当然【HINOTORI】へのファンの期待値はMAXですよ。

それをわかったうえでのエキシビションでの発表だから、B'zのふたりは相当なドMです。





とにかく、たのしみすぎて9月までが永遠に感じられてきました。


じつは【LOVE PHANTOM】は僕自身大好きな楽曲なので、自分なりの考察を近々まとめてみようかなと思っていた矢先での【HINOTORI】発表でした。

LOVE PHANTOM】についてまとめてから、この記事が書けたらよかったんですけど、



書かずにはいられなかった!!!!


とにかくいまみなさんができること。


エキシビションに行け。


それだけしか言えん。



では、今回はこのへんで。


もしエキシビションに行かれたり、この記事や新曲に対しての想いなどがあればツイッターなどでぜひ聞かせてください!!!


それでは!!

スポンサーリンク