東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

スポンサーリンク


アン・プチ・パケ/江田

f:id:suiren1114swing0225:20180318223334j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20180318223427j:plain

Un Petit Paquet

神奈川県、江田駅から住宅街をひたすら歩いて15分ほどという辺鄙な場所に当店はあります。

オーナーシェフの及川太平シェフはアルザス『ジャック』ルクセンブルグ『オーバーワイス』など、海外で3年間修行。受賞歴多数、2012年にはルレ・デセールに加入。

ルレ・デセールといえば、フランスの名誉あるパティシエたちの協会。日本人では『イデミ・スギノ』杉野シェフ、『パリセヴェイユ』金子シェフ、『エーグルドゥース』寺井シェフ、『アテスウェイ』川村シェフなど、東京代表パティスリーのシェフたちが加入されています。

アン・プチ・パケは前々から評判がいいことを知っていたので、やっと行けるということでたのしみすぎる。


f:id:suiren1114swing0225:20180318224729j:plain

持ち帰りしようと思いましたが、イートインしてから持ち帰ることにしました。

だって駅からここまで遠いし?

帰るためにまた歩くわけじゃないすか?

糖分補給が必要ですよねわかります。


f:id:suiren1114swing0225:20180318224757j:plain

フロマージュ・クリュ】

f:id:suiren1114swing0225:20180318224838j:plain

レアチーズのムース、中にはフランボワーズにジュレ

チーズケーキはベリー系統で合わせてくるのがいちばん好きですね。レモンとかだと、僕としては酸味が効きすぎてすこしきつく感じてしまうので。

そしてトップには堂々たるメレンゲが。

メレンゲのせたれ!!

みたいな大胆さです。こういうのきらいじゃない。

f:id:suiren1114swing0225:20180318224928j:plain

僕がとったケーキはこちら。

f:id:suiren1114swing0225:20180318224959j:plain

【シュークリーム】

こまかい説明はなしだ。

f:id:suiren1114swing0225:20180318225323j:plain


とにかくカスタードクリームの絶対量が半端ではない。

詰められるだけ詰めろ!!

というスタイルのシュークリームです。

生地の空洞はまったく隙間がないくらいクリームで埋め尽くされています。

かじると当然クリームがあふれてくるわけですが、これはシュークリームを食べるうえでこの上ない幸福です。

f:id:suiren1114swing0225:20180318225023j:plain

【フレジエ】

これを食べるためにはるばるやってきたわけですが。

f:id:suiren1114swing0225:20180318225223j:plain

断面にいちごがひとつだけ、しかも端っこ切れてるし。

もしかしてケーキちいさめ? と、写真では思うかもしれませんが、ソレ、チガウ。

逆にいちごがでかすぎて、端っこが切れてやっと適正の大きさなわけです。

化け物サイズのいちごですが、決して大味ではなく、甘さと酸のバランスがよい個体。

ムースリーヌは濃厚タイプで、アステリスクのフレジエとは雰囲気がちがいます。こういうところのちがいが楽しめるからケーキ屋めぐりがやめられない。

f:id:suiren1114swing0225:20180318225409j:plain

ドリンクを頼むと、焼き菓子がついてきます。こういうちいさなサービスが、当店の愛されポイントなんでしょう。

f:id:suiren1114swing0225:20180318225304j:plain


よっしゃ、買ってきたぞ!!


f:id:suiren1114swing0225:20180319221518j:plain

【タルトフルール】

絞りがすごくきれいじゃないですか?

f:id:suiren1114swing0225:20180319221609j:plain

絞られているのはフランボワーズ風味のメレンゲ

なかにはレモンクリームが入り、全体的に酸味が支配的な仕上がり。

タルトシトロンが好きな彼女が喜び勇んでいました。

f:id:suiren1114swing0225:20180319221653j:plain

【ノルマンディー】

f:id:suiren1114swing0225:20180319221723j:plain

チーズケーキです。ばっちばちに濃厚なチーズケーキ。

フロマージュブランを使い、台座のサブレにもエダムチーズと、双方からチーズで羽交い絞めにしてきます。

台座に塩気が効いているのでべたべたな濃厚さではなく食べやすいです。


f:id:suiren1114swing0225:20180319222301j:plain

モンブラン

マロングラッセの迫力あるサイズに、きれいなマロンクリームの絞り。うつくしいです。

f:id:suiren1114swing0225:20180319222324j:plain

マロンクリーム、生クリーム、メレンゲという王道スタイル。

マロンクリームは中と外で味わいが異なり、中身のマロンクリームには洋酒が効いています。

生クリームは他店と比べて少なめ。そのため、よりモンブランらしいというか、栗と前面に押し出していてうまい。


f:id:suiren1114swing0225:20180319222551j:plain

ラルク・アン・シエル

ショーケースを眺めていて、あきらかにほかとは一線を画す見た目のケーキが。迷わず買いです。

そしてこういう直感的選択はたいていうまくいくようになっていて、まじでこれはうまい。



うまい。



ピスタチオのマジパン、フランボワーズのクレーム・オ・ブール、杏のコンフィチュール。

構成要素があきらかに個性のかたまりであり、一見ばらばらな印象なんですが、これがびっくりするくらいの調和を生んでいる。

僕ごときがこの味をうまく解説することは不可能であり、いまだにその調和の正体がつかめません。

単純な足し算では生まれない味覚であり、これはなにかしら錬金術的な力が働いている。



食べに行きなさい。




うまかった。いやあ、とてもよい。

しかし遠すぎるのが難点ですねやはり。

駅まで距離があるので、夏場はなかなかにしんどいかなあとかいろいろ考える。

ふらっと行こう、というお店ではなく、きょうはここに! というお店です。

近所に住むひとたちがうらやましいです。近くにあったら中毒者のごとく通い詰めるでしょうね。


とにかくよかった。季節ごとにうかがいたいお店です。おすすめします!!

ごちそうさまでした!!


【関連記事】

www.tokyo-mont-blanc.com
www.tokyo-mont-blanc.com
www.tokyo-mont-blanc.com
www.tokyo-mont-blanc.com