東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

スポンサーリンク


ビヤンネートル【3月】/代々木上原

f:id:suiren1114swing0225:20180306180232j:plain

3月のビヤンネートルです。




え、









もう3月ですか、







はやすぎる。









f:id:suiren1114swing0225:20180306180410j:plain

店内にある焼き菓子コーナー。

ちいさいながらもアイテムは充実しています。

いつもパフェ目的で来ているので、どこかのタイミングで買っていきたいところです。ショーケースのケーキもまだ食べていないのでぜひ食べたい。

f:id:suiren1114swing0225:20180306180528j:plain

よっしゃ!!

今回のパフェはこれです!!

f:id:suiren1114swing0225:20180306181034j:plain

【オリーブ エルブ アグリューム】

今回もかなりフォトジェニックな見映えにうきうきしてしまいますなあ。

パフェのタイトルの内訳は、

オリーブ=オリーブオイル
エルブ=ハーブ
アグリューム=柑橘

f:id:suiren1114swing0225:20180306181334j:plain

濃い脂肪分を含んだシャンティ―からはじまり、オリーブオイルを含んだジェラート。動物性、植物性双方の油分が混じわります。

濃い生クリームに濃いアイスクリームという定番の組み合わせが僕はあまり得意ではないのですが、オリーブオイルを使うことによって全体の重ったるさが軽減しています。オリーブオイルは風味、生クリームは濃厚でミルキーな油分、それぞれが潰しあうことなくたがいの立ち位置を確立しています。

ブランマンジェにもオリーブオイルが含まれています。当店のパフェにはかならずブランマンジェがはいってきますね。

柑橘には伊予柑のソルベとせとかの果肉。やっぱりフレッシュな果肉が入ってくるとがらっと味覚への訴え方が変わるというか、ストレートに素材がおいしいというのは幸福なことだなとしみじみ思います。

そして底のほうにはレモンのジュレ。最後の最後まですっきりとした食後感です。


f:id:suiren1114swing0225:20180307222733j:plain

【オレンジエード】

エルブの要素はペアリングのドリンクに。

オレンジエードは果汁と砂糖を水で割ったノンアルコールカクテル。そこにローズマリーを浮かべ、よりさわやかな飲み口に仕上げ、パフェと合わせています。

コーヒー紅茶の領域にまでパフェとの取り合わせを意識してくるあたり、当店のパフェへの考え方はほとんど執念的です。



今回で3回目の訪問ですが、毎回新たなおどろきがあり、そのたびに次回がたのしみになります。

連れは今回のパフェがいちばん好みだとのことでした。


当店のパフェは、パフェを食べるというより、パフェに対する考え方を食べているような気がしますね。食べるたびに頭が刺激され、そしてきっちりおいしい。

今月もたのしかった!! それではまた来月!!



【関連記事】

www.tokyo-mont-blanc.com
www.tokyo-mont-blanc.com

スポンサーリンク