東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

スポンサーリンク


エーグルドゥースのクリスマス!!/目白

f:id:suiren1114swing0225:20180110203545j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20180110203603j:plain

トレカルムにさよならを告げてすぐに目白へ。30分後にはエーグルドゥースに着きました。

クリスマス飾りがとてもきれいで気分あがります。

ふだんはいませんが、クリスマスはドアマンが待機しており、出入りする際に扉を開けてくれました。

25日の11時。前日はイヴの日曜で、終日混みあっているとの情報をツイッターで確認していたので、25日はどうかなとはやめにうかがいましたが、平日ということもあって空いていました。

それでも店内の客の出入りは途絶えることがなかったので、そこはさすがの人気ぶりです。


f:id:suiren1114swing0225:20180110203631j:plain

3つで踏みとどまりました。同じ失敗はしない。僕は自分を律することに成功した。

f:id:suiren1114swing0225:20180110203653j:plain

トレカルムとのツーショット

f:id:suiren1114swing0225:20180110203803j:plain

フォンダンショコラ

エーグルさんにしては見た目に華がありませんが、

f:id:suiren1114swing0225:20180110204029j:plain

これは質実剛健というか、チョコレート生地がまあうまい。

低温で焼かれた生地は生チョコのようなテクスチャーで、チョコレートの苦みや香りが鼻から抜けていきます。

ずっしりと重厚感があり、見た目からは想像できないような華やかなチョコレートのよさが口内で爆発します。

f:id:suiren1114swing0225:20180110204130j:plain

フォレノワール・ア・ラ・ピスターシュ

チョコレート、ピスタチオ、ベリーというおそろしい三段活用が実現されているケーキ。ベースとなるチョコレートの味にピスタチオの香ばしい豆感が追ってきて、ベリーの酸っぱさがそれらをさっぱりとまとめあげます。

f:id:suiren1114swing0225:20180110204305j:plain

ポワール・マロン

名前のとおり、洋梨と栗で構成されたケーキ。

トップの洋梨ジュレがただなめらかというわけではなく、すこしざらざらとしていて洋梨の質感がうまく出ています。

マロンのクリームも洋梨に負けじと主張、というよりはこれは調和ですね。栗のこっくりとした重さと、洋梨のさっぱりとした軽やかさのバランス感覚がいい。


どうしてこうもはずれがないのかエーグルさんは。

どれ食ってもうまい、うまいです。

万人受けという観点ではパリセヴェイユを上回りますね当店は。なんの不安もなく食べることができる稀有な存在です。

来年はフレジエを買いに早々にうかがいたいですね。ごちそうさまでした!!



【関連記事】

www.tokyo-mont-blanc.com
www.tokyo-mont-blanc.com
www.tokyo-mont-blanc.com