東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

セブンイレブンのシュトーレン、ピスタチオマカロンアイスを食べてみた!

朝、仕事に行く前にセブンイレブンに入ると、なにやらあやしげな棚を発見したのです。

f:id:suiren1114swing0225:20171220213311j:plain

シュトーレンがめちゃくちゃに積まれている。
ふうん、シュトーレンか。もうクリスマスか。今年ももう終わりだなあ……





……シュトーレン??
……セブンイレブンが??





シュトーレンを??




f:id:suiren1114swing0225:20171220213403j:plain

買ってしまった。

f:id:suiren1114swing0225:20171220220902j:plain

475円なんですよね。ポップに書いてあるようにシュトーレンにしてはかなり求めやすい価格です。しかし手に持った瞬間にちょっと生地が柔いなあと違和感を覚え、不安にもなりました。まあ、500円弱の商品なんで、ラフな気持ちで挑みたいと思います。

f:id:suiren1114swing0225:20171220213510j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171220213615j:plain

生地は見た目のとおり荒く、マジパン主体のぎちっとしたタイプではない。食感はぱさついたパウンドケーキといった感じで、どっちつかずで非常に中途半端。まあ、このへんはしかたないですね。アーモンドプードルを増やすと原価はおのずと上がり、商品の価格が上がる。さすがに1000円を超えてきたらコンビニユーザーは手をつけない。商品開発って大変ですねがんばっていただきたい(他人事)

しかし、このシュトーレンにはちゃんと賞賛すべきポイントがあります。それはレーズンやミックスフルーツの絶対量。いたるところにフルーツがぎっしりと詰まっています。コンビニのお菓子としてはかなりの努力がうかがえます。フルーツのしっとりとした味わいが生地の欠点を補完しています。スパイスも思いのほか効いていて、全体としては悪くない仕上がりになっていると思います。

f:id:suiren1114swing0225:20171220213752j:plain

小麦粉に続いて、レーズン、ミックスフルーツと続くあたりはさすがだなあと。


さて、つぎにいきましょう!

f:id:suiren1114swing0225:20171220213835j:plain

ピスタチオマカロンアイス
こちら、東京千葉限定フレーバー。東京千葉以外の地域ではフランボワーズとチョコレートがすでに販売されているらしく、実際に食べたひとに感想を聞いたところ、
「これでフランボワーズを名乗らないでほしい」
という辛辣な意見をいただきました。
なのでこのアイスも正直不安がぬぐえないまま挑みます。

f:id:suiren1114swing0225:20171220214131j:plain

カロンを使ったアイスなだけあって、プラのパッケージのなかにしっかりと入っています。この手間、絶対に価格に反映されてますよね。

f:id:suiren1114swing0225:20171220214208j:plain

サイズ感はこの手のアイスにしては上々ですやっほーーーーい。

f:id:suiren1114swing0225:20171220214457j:plain

色が地味でうまく写真撮れん。なんかいやに白くなってしまいましたが、もうちょい緑がかってます。

カロン部分は想像よりもちゃんとマカロンカロンしているんですよねえこれが。さくさくしとるし、くちどけもいいし、なによりピスタチオの味がしまする。アイスはミルクの風味がありつつ、ピスタチオの雰囲気も。マカロンがきっちりあまいぶん、アイスはあっさりめ、マカロンとアイスを一緒に食べてきっちりとひとつの味にまとまっています。たまにあるじゃないですか、なんで合わせたのかなあこれとこれを、みたいな。しかしこれはそういうことがなくばっちしおいしいです!!


うーーーん、冬のセブンイレブンはなかなかたのしいなあ。しかしこの季節はスイーツ業界全体がぐっと活気づいてくるので、セブンだけに偏らずにほかのコンビニにも注目していきたいところ。パティスリーはもちろん好きだけど、コンビニのこの手軽さも捨てがたい。体調管理に気をつけてこれからもいろいろ食べていきたいと思います。ごちそうさまでした!

よければこちらもどうぞ!
www.tokyo-mont-blanc.com