東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

スポンサーリンク


ブールアンジュ/新宿

f:id:suiren1114swing0225:20171120172848j:plain

BOUL`ANGE
旧ゴントランシェリエ。そう、当店はもともとフランスの天才ブーランジェ、ゴントランシェリエ氏が手がけていたお店だったのですが、2017年の7月に母体がベイクルーズに変わり、それと同時にお店の名前も変更し新たに生まれ変わりました。
僕はゴントランシェリエのパンメロンとクロワッサンに感動して以来何度も通っていたし、それなりの思い入れもあったので、業態が変わるということにほんとうにおどろき、もうあのパンが食べられなくなるのかと戦慄を覚えました。しかし業態が変わっても扱っているパンの種類は概ね変化がなく(販売が終了したものもなかにはあるらしいです)、それを知ってひとまず安心し、逆にしばらく足が遠のいていました。
それにしても突然の業態変更、店名の変更。その理由もあきらかにされていない。もしかしたらけんかでもしたか!? 消費者はそういうところに敏感だし、いろいろよけいな想像をしてしまう。それにしても僕はゴントランシェリエという名前が好きだったので、非常に残念。だってかっこいいよくないですか、ゴントランシェリエって。
おれのおすすめのパン屋?? うーん、ゴントランシェリエかな。
字面にしたら想像以上にうざかった。よかった名前変わってくれて。

f:id:suiren1114swing0225:20171120172955j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171120173013j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171120173300j:plain

内装はまったく変わっていないといっていいでしょう。平日の午前中にうかがいましたが、それでもかなり繁盛しています。新宿駅南口すぐという立地も最高ですよね。

f:id:suiren1114swing0225:20171120173335j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171120173355j:plain

いつもは持ち帰るのですが、きょうは2階のイートインスペースを利用します。カウンター席と、ふたり用のテーブルがいくつか配置されています。テーブル席は満席で、そのほとんどが外国人でした。わいわいとにぎやかで、何語を喋っているのやらさっぱりわからん。ちょっと日本じゃない雰囲気を感じます。場違い感です。

f:id:suiren1114swing0225:20171120173445j:plain

きょうはこの2つを買いました。

f:id:suiren1114swing0225:20171120173508j:plain

パンメロン
メロンパンではありません。パンメロンです。お間違いないように。
ゴントランシェリエのフランス店でも人気の商品みたいで、もともと日本発祥のパンにアレンジを加えたものらしいです。まずそのビジュアルからびっくりさせられます。クッキー生地にたくさんついているものはざらめで、ふつうのメロンパンならグラニュー糖を焼く前につけたりするところを大胆に変化させています。

f:id:suiren1114swing0225:20171120173550j:plain

そしておどろきなのは、このパンの生地。ふつうのメロンパンなら菓子生地(砂糖、バターなどの配分が多い生地)を使いますが、ここのはクロワッサン生地を使っていて、それをぱりぱりのクッキー生地が包んでいます。クロワッサンは本来なら表面に火がしっかりと入り、水分が飛んでぱりぱりの層を作り出すのですが、クッキー生地が表面を守っているぶん保水効果が生まれているのか、生地の瑞々しさがえげつないことになっています。この発想はメロンパン本来のイメージに凝り固まった日本人からはなかなか出てこないものだと思います。
しかしこのパン、ひとつ難点があって、食べているときにざらめが口に痛い。あんまり頬張ると口内でごろごろします。気をつけてね。

f:id:suiren1114swing0225:20171120173638j:plain

モンブラン
ずっと気になっていた商品で、なんとなく買わずにいましたが今回やっと買ってみました。ちょっと高いんですよね。パンで300円超えてくるってけっこうしんどいものがあります僕としては。
これもなかなかビジュアルが独特といいますか、視界に入ると思わず、おっっ!? となる見た目ですね。パンを選んでいるときに女性のふたり組みが「見て! あれかわいくない!?」とモンブランを見て盛り上げっていました。それをトレイに載せていた僕はなんだが理由もなく恥ずかしくなってしまいました。

f:id:suiren1114swing0225:20171120173734j:plain

なにはともあれ、パンを横に傾けてみて気づきました。これ、チョココロネと同じやん。おそらくですが、デニッシュ生地をコロネの型に巻きつけて焼き、そのなかにクリームを絞っています。それを立ててタワーのような立体感が演出している。これはうまいやり方だなあと感心しました。
デニッシュもクロワッサン生地同様にバターの香りがよくて、こちらは火がしっかりと入っているぶん小麦の焼けた香ばしさがします。当店はデニッシュ生地の商品がけっこうな数を占めており、自信があるのでしょう。

f:id:suiren1114swing0225:20171120173825j:plain

尻尾のほうから食べましたが、この食べ方ははたして正しいのか不安。なかにはマロンクリーム。ペースト感が強く、生クリームでそれほどのばしてはいないようです。僕としてはこういう系統のクリームは生クリームも感じられるクリーミーなものが好みなのですこし残念。

f:id:suiren1114swing0225:20171120173845j:plain

カフェラテはほろ苦い系で、僕が食べたパンがあまいもの2つだったのでとてもいい感じでした。


業態が変わってもパンの味はすばらしくて安心しました。これからも機会があれば積極的に訪れていろいろなパンを食べてみたいです。いつもパンメロンを買って満足しちゃうんですよね。それくらいここのパンメロンはおいしいわけです。おいしいパンを食べたいときはぜひ行ってみてほしい名店です。おすすめします! ごちそうさまでした。