東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

スポンサーリンク


カップラーメン『Japanese Soba Noodles 蔦』を食べてみた!

f:id:suiren1114swing0225:20171204205512j:plain

セブンプレミアム Japanese Soba Noodles 蔦 醤油Soba
ミシュランではじめて星を獲得したラーメン店である Japanese Soba Noodles 蔦鳴龍のカップ麺に引き続きこちらも気になったので購入。それにしてもセブンイレブンはこういう企画が好きですね。お店側もセブンイレブンから話を持ちかけられたら、まあわるい気はしないし、コンビニ最大手から商品を出してもらえたらそれだけで抜群の広告になりますからね。前回食べた鳴龍のカップ麺は日清食品でしたが、今回は東洋水産。こちらも大手ですね。セブンイレブンはこわいくらいに各社にパイプを持っています。

f:id:suiren1114swing0225:20171204205559j:plain

かやく、液体スープ、特製油、メンマ、、

f:id:suiren1114swing0225:20171204205742j:plain

っておい、おまえだけなんか風貌ちがう。完全に生タイプです。真空パックぴちーーーってなってます。

f:id:suiren1114swing0225:20171204205827j:plain

麺はノンフライみたいです。

f:id:suiren1114swing0225:20171204205852j:plain

かやくをわしゃ!

f:id:suiren1114swing0225:20171204205936j:plain

お湯もいこう。5分待ちます。

f:id:suiren1114swing0225:20171204210040j:plain

液体スープと特製油を入れます。写真をよく見てもらうとわかると思いますが、黄色い油の一群が真ん中にあたりに浮いています。これが特製油で、トリュフのフレーバーがしっかりとします。

f:id:suiren1114swing0225:20171204210211j:plain

完成。混ぜると油が散ってきれいです。スープはいわゆる淡麗系といいますか、さっぱりとしていて飲みやすい。特製油のトリュフ香が本家の雰囲気を演出しています。もちろん本家のほうが味に奥行きがあり、うまみが複雑であることはいうまでもありませんが、これはカップ麺にしてはかなりいい線いっているのでは!?

f:id:suiren1114swing0225:20171204210312j:plain

ベースはチキンエキス。そう、鳴龍カップ麺もこうあってほしかった!なぜそうしなかったか!

f:id:suiren1114swing0225:20171204210232j:plain

しかし残念なのは麺。僕が本家でいちばん感動したのは麺の質でした。カップ麺のスープはあらゆる調味料などで味の再現がある程度まではできると思うのですが、麺はどうしても限界がある。ミシュランで星を取る店で食べた麺をカップ麺に求めるのはとても酷な話であり、この要素はもうどうにもならないですね。

f:id:suiren1114swing0225:20171204210253j:plain

そしてメンマ。うん、うまいわ。カップ麺で食べるメンマではないくらいにしっかりとしてる。しっかりしてる、、食感もいいし、、
でもどうしてメンマだったのか!!!うまいんだけどね!!!


あえて比較をするなら、カップ麺なら蔦のほうがおいしかったです。再現どうこうというより、スープの力がカップ麺としては高い領域に達しています。しかしカップ麺を食べてはっきりしたのは、やはり本家がどれだけ真摯に食材と向き合って一品を作り上げているかということ。とはいえ、限られた予算でどこまで再現ができるのか可能性を見出す各社の努力もすばらしいと思いました。セブンイレブンにはこれからも積極的にいろいろな企画を打ち出してもらいものです。ごちそうさまでした。