東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

スポンサーリンク


カップラーメン『鳴龍』を食べてみた!

f:id:suiren1114swing0225:20171120205937j:plain

セブンプレミアム 鳴龍 坦々麺

ミシュランの星を持つ大塚のラーメン店鳴龍

実店舗にお邪魔し、そのクオリティーの高さにおどろきましたが、そんな鳴龍からセブンイレブン限定でカップ麺が販売されていたので買ってきました!

製造元は日清食品。おお、ばちばちの大手じゃないですか。


f:id:suiren1114swing0225:20171120210011j:plain

かやく入りの粉末スープ、ねりごまオイル、液体スープの3つが入っています。

f:id:suiren1114swing0225:20171120210128j:plain

麺は細め。このへん本家の再現ができています。

f:id:suiren1114swing0225:20171120210231j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171120210300j:plain

かやくを入れます。この時点で八角がだいぶ香ります。

f:id:suiren1114swing0225:20171120210351j:plain

オイル、液体スープを入れて混ぜます。

f:id:suiren1114swing0225:20171120210416j:plain

完成です。

香ります八角が。本家の坦々麺のそれと近い雰囲気です。

スープの味も酸味、辛味の調子が近しいものを感じます。

f:id:suiren1114swing0225:20171120210717j:plain

麺は白い色味がそのままといってもいいです。しかしやはりカップ麺の麺であり、鳴龍本家の歯切れ、小麦感には遠く及びません。

とはいえ、カップ麺としてはかなりクオリティーが高いなあと感心して食べていました。

でもある瞬間からちょっと動物臭さというか、粘度のある舌触りを感じはじめます。

f:id:suiren1114swing0225:20171120210750j:plain

やっぱり。かやく入りスープに豚脂がぎっしり入っていました。

追っていくとポークパウダー、ポークエキス、そのあとにやっと魚介エキス。

本家のスープは鶏や牛、牡蠣などをベースにしており、豚をスープに使っているとしてもここまでくどくなかった。

食べ進めるごとに脂がきつく感じられてしまう。食べ終わり、しばらくスープを放置しておいたら、みごとにゼラチン化しました。

本家の再現を謳うなら、どうして豚をここまで使ったのか。牡蠣エキス使えなんて言いませんが、そこはチキンエキスや魚介エキスを使うべきじゃないのか。


疑問の残る商品でした。

本家に行って食べたことのある人間がこのカップ麺に本家の再現度を期待するとちょっと失望します。

でもそれは裏を返せばそれだけ本家が優れているということ。だってミシュランが認めているわけです。おいそれと再現ができるはずがないです。そのへんは割り切って食べる必要があるかと。

少々辛口になりましたが、1つのカップ麺としてみればそのクオリティーはなかなか高いです。むしろカップ麺のおいしさはこれくらいでいいのでは。

うまいラーメンはちゃんとこだわりのあるお店に足を運んで食べに行きましょう。そうすることによってラーメン業界、飲食業界がさらに発展し、それに負けじと再現系ももっとがんばりを発揮してくれるかもしれません。