東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

スポンサーリンク


ピッツェリア・ユーイチロー&エアー/立川

f:id:suiren1114swing0225:20171113170507j:plain

Pizzeria YUICIRO&A
立川駅の北口を降りて5分ほど歩いた先にある当店。路地に入り、『ほんとにこっちで合ってんのか?』と不安になり出す寸前にお店が見えます。12時に伺いましたが、すでに店前には行列が。僕たちは前日に予約をしていたので列に並ぶことなく入店。飲食店のほとんどは予約というシステムを採用しているのに、どうして電話して席を確保しようとしないのか。昼真っ盛りでお腹が空いている時間帯に行列に並ぶなんて、そんなのまるで拷問じゃないですか。

f:id:suiren1114swing0225:20171113170959j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171113171015j:plain

当店は全席禁煙、ランチタイムは90分制です。席数は40弱といったところでしょうか。カウンター席もあるようで、ひとりでも気楽に来られそうです。

f:id:suiren1114swing0225:20171113171224j:plain

サラダはルッコラが入っていたのはうれしかったです。ドレッシングはそれほど主張がなく、野菜をまんま食んでいる印象。僕は野菜大好きだからいいのですが、野菜が好きじゃないひとにはすこしつらいか。ポーションはすくないですが、4種類ほど野菜が入っているところが好印象です。

f:id:suiren1114swing0225:20171113171300j:plain

マリナーラ
薄く塗られたトマトソースの上に、半身にされたミニトマトがいくつも盛られてかわいらしい半面、真っ赤な見映えが迫力的です。ソースの塗りは薄いですが塩分はしっかり決まっていて、ミニトマトは火がきっちり入ってぐにぐにとして甘みが引き出されています。ミニトマト自体がソースとしての役割も果たしていて一体感があります。生地はふっくらというよりはむっちりとして、小麦の香ばしいところと甘いところが出ています。ピザ生地はパン生地よりも発酵に時間を要するので、小麦のおいしさがより一層引き出されて味がゆたかになります。当店の生地は僕好みです。おいしい!!
そういえば余談ですが、赤身肉や広島カープのユニフォームみたいに赤いものってインスタ映えするらしいです。僕も赤いものを積極的にあげていこうかな。インスタ映えを狙っている多感な女の子はピザ屋に行こう!

f:id:suiren1114swing0225:20171113171325j:plain

ミートソースのパスタはあらかじめお皿に取り分けてサーブしてくれます。しかし味はふつう。やはりピザ屋ではピザを食べるべきで、パスタを食べるならレストランやトラットリアでしょう。逆にレストランではこういうピザは食べられないですから。

f:id:suiren1114swing0225:20171113171357j:plain

食後にはピンクグレープフルーツのゼリー。量はほんのすこしですが、グレープフルーツの苦味がはっきりと打ち出された味にびっくり。ゼラチンの配分もおさえめで食感もなめらかです。もっとくれ。

f:id:suiren1114swing0225:20171113171434j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171113171504j:plain

カップ、ソーサーがかわいらしいなあと見ていると、ソーサーに店名が!こういう細部へのこだわり好きです。


うーん、なかなかいいお店です。おいしいし、細部にも目が行き届いている。しかしひとつ残念なのが接客。店員さんが冷たくとても事務的。皿を下げにきた方に僕が「おいしかったです」と言ってもなにも言わずに去ってしまった。店内は比較的にぎやかで、忙しいだろうことも十分わかるのですが、かたづけをしているテーブルに座っている客の声くらい聴こえるはず。ただかたづけを終えてつぎの客を入れる準備をしたいだけ。まったくこちらに意識がない。そのくせ、ほかのテーブルに座っている若い女性組には愛想がいい。興ざめしてしまいます。

f:id:suiren1114swing0225:20171116061217j:plain

2人で食べて2000円。1人1000円。たしかにコスパは抜群です。しかしそれはウラを返せば、「1000円ランチの接客」と揶揄されかなねい。求めすぎかもしれませんが、当店は品がしっかりしているだけについつい言ってしまう。ついでに電話対応もちょっとこわかったよ。うーん、おいしいけど、おすすめしにくいむずかしさがあります。ディナーも行きたいなあと思っていましたが、しばらくはこわくて行けない。もっと心を強くしてから再訪したいです。