東京モンブラン

ざっくり飲食備忘録です。

ラ・トルチュ/広尾

f:id:suiren1114swing0225:20170515000713j:plain

La Tortue

フレンチ好きなら必ず知っているであろう名店『タテルヨシノ』。その吉野建シェフが手掛けるビストロ店です。

吉野シェフはパリ、東京どちらでも星を獲得し、当店もミシュランのビブグルマンを獲得している実力店です。

f:id:suiren1114swing0225:20170515001323j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170515001645j:plain

入ってびっくり。

店内の雰囲気が非常にカジュアル。椅子の下に配置された荷物置きのかごはおそらく100均のもの。300円のものに替えたらだいぶ印象変わるんじゃないかな、なんて思ったりして。

f:id:suiren1114swing0225:20170515001719j:plain

コースは3つから選びます。
5400円のものにしました。

f:id:suiren1114swing0225:20170515001811j:plain

アミューズ グジェール】

グジェールとはチーズを混ぜ込んだシュー皮。中身はなんにも入っていません。

シュー皮だけではかなしく、アミューズの使命である高揚感の演出は成されませんでした。ルカンケのすばらしいアミューズを思い出してしまう。

f:id:suiren1114swing0225:20170515002314j:plain

【椎茸のアゲマキ貝詰め】

椎茸は肉厚で、ナイフで切る手応えを感じます。瑞々しくておいしい。

アゲマキ貝はたまねぎや香草などを纏い、パン粉をかけられています。この味付け、どこかで食べたことあるなあ。

ああそうだ、サイゼリヤだ、サイゼの若鶏のディアボラ風だ。

とても好きなベクトルのソースでおいしいんですが、記憶の引き出しからサイゼが出てきてかなしい。

f:id:suiren1114swing0225:20170515002946j:plain

【ルクルス 牛タンとフォアグラのミルフィーユ仕立て】

ルクルスとは北フランスで食べられている料理みたいです。北フランスってあんまりイメージが浮かばない。

肝心の味は、、おいしい!!

牛タンはスモークされて、フォアグラと何層にも重ねられて彩りもうつくしい。

牛タンのうまみとフォアグラのなめらかな食感の味わい深さがたのしいです。料理人の手間ひまの結晶ですね。

f:id:suiren1114swing0225:20170515003517j:plain

【人参のポタージュ】

うっまい!
濃厚なんですが、どこかすっきりとして飲みやすい。ポーションは少なめですが、これ以上あるとくどく感じるかもしれません。

人参ポタージュはルカンケでも飲みましたが、僕はこちらの人参ポタージュのほうが好みかも。

f:id:suiren1114swing0225:20170515003952j:plain

【サーモンのミ・キュイ ステラマリス風】

ミ・キュイとは半生調理のこと。サーモンによく使われます。

サーモンは燻製されて香りが非常によく、身ははらはらとほどけていきます。

最近フレンチで魚料理を外さないです、この魚料理もとてもおいしい。

f:id:suiren1114swing0225:20170515004714j:plain

【猪肉のパイ包み】

当店は吉野シェフの手掛けるビストロなので、クラシックな料理が続きます。

猪は粗いミンチにされ肉々しい反面、かなり野性味が強い。ジビエが食べられない人にはかなり臭いかもしれません。

全体の味のバランスはいいのですが、サーモンがすてきすぎて2人そろってトーンダウンしてしまいました。

f:id:suiren1114swing0225:20170515005234j:plain

【メロンのエスプーマ】

まさか当店でルカンケを3回思い出すとは、、

こちらのデセールもパフェ仕立て。

上からメロンのエスプーマ、メロン果肉、アーモンドのブランマンジェ

僕はメロンを好んで食べませんが、このプレゼンテーションはやっぱりすてきだし、テンションが上がらずにはいられない。

ブランマンジェは大好物で、非常に好みの味! ぜんぶブランマンジェでよかったくらいです。

f:id:suiren1114swing0225:20170515005742j:plain

コーヒーを飲んでごちそうさまでした。

ランチコースで5400円。うーん、これはなかなかむずかしいです。

というのは、5400円出すならもっとべつのレストランで、そう、ビストロではなくレストランで食事ができるわけです。

当店はこの下に2つ安いコースがあるので、そちらを選んだ方がビストロらしく食べることができるのかな。

しかしいずれにせよ、肩肘張らずに気軽にフレンチが楽しめるのはとてもすてきなことです。

次回はべつのコースで違うものも食べてみたいですね。

ごちそうさまでした!!


【関連記事】

www.tokyo-mont-blanc.com